長谷寺便り

前の記事 1/2/ 次の記事

真言宗の宗祖である弘法大師空海が15日にそして、新義真言宗の始祖である興教大師覚鑁が17日にお生まれになりました。

時花である紫陽花を添えて慶讃し、長谷寺ではその間の16日にお二人の稚児像に灌沐といって甘茶をかけてお祝いいたしました。

その紫陽花の花ですが、色付きが進み全体の7割ほどでしょうか、見頃といっても良いくらいです。週明けの21日にはムジークフェストも開催され、その頃には綺麗に咲いてくれることでしょう。


昨日まで初夏の涼しい風と共に、燦々と降り注ぐ日の光を浴び気持ち良さ気な青葉がのびのびとしていました。

今日は打って変わり、雨模様。十分に光を受けていたので、雨を歓迎しているかのように、あじさいの色が鮮やかです。

全山のあじさいが色づくまで、もうしばらくお待ちください。


EditZ発行の「ならめがねVol6」に長谷寺の御朱印帳(P50)が掲載されています。奈良県下の社寺を網羅した御朱印特集となっており、読み応え十分です。

前の記事 1/2/ 次の記事