長谷寺便り

前の記事 1/2/3/4/ 次の記事

お陰さまを持ちまして、多くの方にご来場いただき恐悦の極みにございます。

残すところあと一週間となり、難陀龍王、雨宝童子の両脇侍を間近で見られる機会は当分無いことでしょうから今のうちにご覧いただきたいと思います。

搬出の時に両脇侍を撮影し、その様子を記事にしてあります。こちらも併せて見ていただくと、ハルカス展をより楽しめるのではないでしょうか。

1/24 脇侍像搬出

また、この時の搬出作業を日本通運が担当して頂いていますが、テレビ東京「カンブリア宮殿」〜日本通運日本経済を運んで140年!なんでも届ける力を生む「段取り八分」精神〜で放映されます。
日時は3月24日22:00〜22:54です。
※一部地域においては別の時間帯で放送しています。

カンブリア宮殿

※平成28年3月27日をもちまして、長谷寺ハルカス展は盛況のうちに終えることができました。ご来館をいただきました皆様に感謝申し上げます。

さくらの開花が待ち遠しい日々が続いています。

仁王門の前、納経所、お茶処にある、木蓮の花が咲き始めました。



仁王門をくぐり、右手にある宗宝蔵では桃が蕾を広げています。



寒緋桜は本堂裏手と入山受付前にあり、もうすぐ見頃でしょうか。



境内を歩いていると、鳥の声が多くなったことに気づきます。ふと目の前に来た鳥の写真を撮り、名前を調べてみると、「イソヒヨドリ」という名前のようです。あまり詳しくないので自信がないですし、名前に”イソ”とあります。海無し県の奈良にもやってくるのでしょうか?
ちなみに手前の苗木は牡丹です。

講談社MOOK発行の「TRANSIT 31 タイムトリップ! ローマ/奈良」に長谷寺(p101)が紹介されれています。

前の記事 1/2/3/4/ 次の記事