長谷寺便り

前の記事 1/2/3/ 次の記事

長谷寺では冬に咲くぼたんが二種類あります。

温室で開花を調整した冬牡丹と、

自然に花が咲く寒牡丹です。

先日まで冬牡丹が咲いていました。

今、本坊前の牡丹園に寒牡丹の蕾が大きくなってきています。

この二種類の違いは葉の有無になります。

寒牡丹は葉がなく、気温に左右されやすく、

かなりデリケートに花をつけます。

このまま咲いてくれるといいですね。



そして、蝋梅が早くも花を咲かせて、

その芳香を山内に漂わせています。



先日の雪はもう溶けてしまいましたが、

本堂の裏で雪の帽子をかぶったお地蔵さまが

優し気です。

出展宝物紹介

B国宝 銅板法華説相図(どうばんほっけせっそうず)
 白鳳時代



 長谷寺の草創を語る上で最も重要な宝物が銅板法華説相図です。制作年は朱鳥元年(686)が有力ですが、諸説あります。
 板面の上部には、法華経見宝塔品(ほけきょうけんほうとうほん)の様子が浮彫りで刻まれています。経典を要約すれば、ある時お釈迦様が説法をしていると突然地中から大きな多宝塔が出現します。十方世界から諸仏が集まる中で宝塔の扉を開くと多宝仏が現れ、自らの座をお釈迦様に譲って法華経を説くよう勧めます。お釈迦様が説法を再開すると、多宝塔は遥か虚空へと浮かび上がるといった内容です。
 板面の下部には273字の銘文があり、塔を造ることの功徳、豊山(ぶざん・長谷寺の山号)の地が聖地であることなどが述べられ、最後に僧道明(どうみょう)が戌年の七月、80人を率いて天皇陛下の為にこの銅板を造ると記されています。
 銅板法華説相図は、美術資料・古代史資料・文字資料として今尚多くの研究が進められている、非常に価値の高い宝物です。いにしえの技術の粋を集めて造られた長谷寺最古の寺宝を、どうぞこの機会にご覧ください。

あべのハルカス美術館

ご参拝の皆様へ

 平成28年1月20日より同年2月29日まで期間中は、駐車場より本堂までの東参道(防災道路)の舗装工事を行うために通行止となります。通行止に伴いまして送迎車両は運休とさせていただきます。また、タクシーで本堂までの乗り入れもできません。
 道路の傷みに伴う段差解消など、より安全で快適にご利用頂ける為の工事でございますのでご理解いただけますようお願いいたします。

※2/14工事終了、通常通り送迎いたします。ご協力ありがとうございました。




前の記事 1/2/3/ 次の記事