長谷寺便り

前の記事 1/2/3/4/5/6/ 次の記事

 西国三十三所巡礼は最も歴史が古く、四国八十八ヶ所巡礼(四国お遍路)と並んでよく知られた巡礼の一つで近畿・東海二府五県、三十三のお寺からなります。

 今回のイベントでは、霊場巡りをより身近に体験いただくための企画で、ご本尊真下の「お砂」を、蓮華石の中心に納め、その「蓮華石(お砂)」を札所として、ご本尊の掛軸と一緒に配置し、第1番札所から満願の第33番札所まで「お砂」を踏み巡ることで、すべて参拝することと同じご利益と功徳がいただけると言われております。

 そのお砂踏みを7月29日(水)から8月3日(月)まで、名古屋栄三越7階催物会場にて開催します。

 開催中は札所寺院の御山主による法話や、六角堂池坊華道会によるいけばな(供華)展示などもいたしますので、是非、西国巡礼の功徳をお持ち帰りいただきたいと思います。

くわしくはこちら

3月15日から続いております、本尊大観音尊像春季特別拝観ですが。

たくさんの方とご縁を結ばせていただき、改めて長谷観音のご霊験を感じております。

その、特別拝観を今一度ご紹介。

まず、長い回廊を本堂まで来ていただきます。



看板の矢印の指す、特別拝観受付に。



チケットを持って、本堂に入ります。



長谷観音さまとご縁を結んでいただくための「五色線」ごしきせんを左手に



準備が終わって奥に進みます。



本堂の中は暗いので、お気をつけください。係が誘導いたします。



いよいよご対面、大きなお御足に触れていただきます。



そして、見上げれば大きな観音さまのお姿が!



特別拝観は、6月30日までしております。どうぞこの機会に、大きな観音さまをご覧いただき、ご縁を結んでもらえればと思います。

ぼたん咲き誇る中、長谷寺では先着500名様限定で、お茶の振る舞いをいたしました。

用意したお茶は午前中のうちに無くなり、終了いたしました。





前の記事 1/2/3/4/5/6/ 次の記事