長谷寺便り

前の記事 1/2/3/4/5/6/7/...104 次の記事

処暑が過ぎ、朝夕の涼しさがよく分かるようになりましたが、日中はまだまだ残暑が厳しいこの頃です。

山内の様子はと言いますと、日中の蝉の声は相変わらず健在ですが、日が陰るとヒグラシが鳴き始め、秋の始まりを告げているようです。

さて、ご好評をいただいています、長谷寺インスタグラムですが、フォロワー数が7000人を超え、日々撮る写真についつい力が入ってしまいます。

長谷寺で撮られた写真もインスタグラムによく上がるようになり、インスタグラマーが撮った綺麗な写真や、楽しげな写真、可愛い写真など見ていますと、こちらも楽しくなると同時に感謝の気持ちでいっぱいになります。

ぜひ、そういった写真を長谷寺のホームページに載せたいと思い、昨年「#narahasedera」を付けてポストするとこのホームページに表示できるようにしました。

「#narahasedera」の着いた写真をポストしてくれた方を「長谷寺photoglover(はせでらフォトグラバー)」と称し、その写真もだんだんと増えてきました。

ここに改めてこの企画をご紹介し、多くの方に「長谷寺photoglover」になっていただきたいと思います。ぜひ、思い出を「#narahasedera」で共有していただき、長谷寺でのひと時を末長く留めておいていただければ幸いに存じます。


十干十二支、いわゆる干支でいうと8月5日の今日は甲子(きのえね)の日になります。昔から、大黒天の縁日とされ、長谷寺でも大黒天祭を営んでいます。

錫杖経を唱え、お経を唱え始める頃には人もたくさん集まり、お参りの方には小槌を振るって福徳円満のご利益をいただいてもらいます。

また、普段は大黒天の”使い”である”ねずみ”のくじを買っていただき、”ねずみ”に願いを託し、大黒堂に置いていただいて結構です。ねずみくじは納経所で販売しています。

次回は10月4日、朝9寺半からです。


先日、関西テレビの報道ランナーで「書き伝える奈良妖怪新聞」と言う特集があり、長谷寺の今は廃れた、白粉を像の顔に塗る奇習「一箱べったり」で使用されていた姥像が紹介されました。

「書き伝える奈良妖怪新聞」

妖怪研究家の木下昌美さんが妖怪「白粉婆(おしろいばば)」を調べに長谷寺にいらっしゃったのですが、元々「白粉婆」と言うのは、破れた傘を頭に被り、右手に杖、左手に酒徳利をもち、顔には暑く、雑に塗った白粉をつけた妖怪です。

長谷寺伝わる姥像は、その昔、長谷寺創建の際、僧侶の食事一切を一手に引き受けて、毎日の食事を過不足なく提供し続けた老女の像になります。その女性は化粧っ気のないみすぼらしい出で立ちであったのですが、情に厚く、慈母のように皆に慕われていました。しかし、ある日の夕刻を境に忽然と姿を消したそうです。誰もその女性の素性を知らず、行方を捜す術もなかったので皆、非常に悲しんだと言います。

そうして誰言うとなくあの老女は長谷観音さまの化身だと言われるようになり、そのご恩に報いるべく、綺麗な着物と白粉をせめてもの「志」として、供養したと言う事です。

毎年旧正月5日の深夜に長谷寺近くの白河という所(老女の出身地か?)から一箱にたっぷり入ったお白粉と白笠紙を姥像のある本長谷寺に持ち寄り、紙衣を着せ、お白粉をべったりと塗るまさに奇習が出来上がったと言います。

この行事は昭和三十年頃まで行われていましたが、以降、誰も拝むこともなくなり、お堂の隅に追いやられていたのですが、昨今の妖怪ブームと妖怪研究家の木下昌美さんがこの姥像に興味を持ち、ついには陽の目を見るようになりました。

この姥像の奇習「一箱べったり」の伝承と妖怪「白粉婆」がいつしか混同されるようになったということです。不思議なご縁ですね。


前の記事 1/2/3/4/5/6/7/...104 次の記事