長谷寺便り

前の記事 1/2/3/4/5/...90 次の記事

本日3月11日、14:30から観音さまの御前で東日本大震災追悼七回忌法要をおこないました。

内舞台を解放し、多くの方が参列、震災の起こった14:46には慰霊の鐘を突いて皆様と黙祷を捧げました。

この鐘は別名「未来が鐘(みらいがかね)」ともいい、野慈(やし)という信心深い男が「出世したらば響きの良い鐘を奉納しましょう」と誓願をたて、観音さまに参りしました。しばらくすると霊験現れその誓願を果たしたという話があり、この鐘の音を聞くものは皆、西方浄土に赴くとあります。

「一音の及ぶところ、千界限らず、抜苦与楽、あまねく皆平等なり」となることを切に願うばかりです。


エルマガジン社の「関西の寺あそび」に長谷寺(P78)が紹介されています。

まだまだ続いている、幸せの猪目キャンペーンは今月14日までです。

今日は「幸せの猪目」と入山窓口でおっしゃった方へプレゼントしている散華の特典についてお知らせです。

この散華を持って門前町に行くと様々な特典がありますが、その中でいくつかご紹介させていただきます。

まず、門前すぐの「酢屋長」ではハートの椎茸を添えて食事をお出ししています。そして、「寿屋」では桜の塩漬けを、白湯に入れてお楽しみいただけます。「井谷屋」ではボールペンのプレゼントを実施。

そのほかのお店でも、チョコレートなどをプレゼントしてくださるそうなので、手当たり次第お店に入ってみるのも一興。

幸せのおすそ分けを楽しんでください。


前の記事 1/2/3/4/5/...90 次の記事