長谷寺便り

2/29 うめ

2016.02.29/花便り

ツイートする

人はいさ 心も知らず ふるさとは

花ぞ昔の 香ににほひける


百人一首にも歌われるこの句は平安時代の歌人、

紀貫之の句というのは有名な話です。

しかしこの句の中の「花ぞ」の花が長谷寺の

梅の花というのはあまり知られていない事実です。

満開まではあと少しでしょうか、しかし

昔と変わらず芳しい香をただよわせています。



こちらは「居士林」という建物の中にある紅梅。

その昔、平安の貴族達は庭にこぞって

梅を植えたとか。



枝垂れ梅も咲いています。

この時期は人が少ないので、ゆっくり境内を散策できます。


記事一覧へ