長谷寺便り

11/26 外舞台修理工事と紅葉の状況

2015.11.26/お知らせ

ツイートする

急に寒くなりました。

紅葉の色は濃さを増します。



そんな中、着々と外舞台の工事が進んでいます。

一つ一つ手作りされた和釘の鎹(かすがい)です。

和釘は錆びることによって木との結合が強化されます。



土台の修理も終わり、骨組みだけとなったところに床板を張り付けていきます。



取れないよう金具を取り付けた床板を骨組みに打ち付けていきます。



雨による腐食を防ぐために床板と土台が接する部分に銅板を敷いています。



いよいよ来月に外舞台が完成します。大晦日までに修理工事も終わりますので、

「観音万灯会」は外舞台からの眺望を楽しんで頂けそうです。

記事一覧へ