巡拝

  • 西国三十三所巡礼
  • 奈良大和 四寺巡礼
  • 大和七福八宝巡礼
  • 十八本山巡礼
  • 八十八面観音巡礼
  • 神仏霊場会

ボックスの下枠

大和七福八宝巡礼

大和七福神八宝霊場

奈良県内の七福神と大和一之宮である大神(おおみわ)神社からなる『大和七福神八宝霊場』は、すべてを巡ることで七つの大きな災難を逃れ、七つの福徳と八つの宝物を授かることができるといわれています。
長谷寺の大黒堂には七福神の一柱である『大黒天』が祀られています。大黒天はインドから伝来した神様で、元々は『マハーカーラ』という恐ろしい形相をした鬼神でした。しかし日本に伝わる際に、神道の『大国主命(おおくにぬしのみこと)』と習合したことにより、柔和な福々しい表情になったといわれています。右手に持つ打ち出の小槌は無数の宝物を生み出し、左手の福袋には金銀財宝がぎっしりと詰め込まれています。また、足元の米俵は五穀豊穣を象徴し、眷族としてたくさんのねずみを従えています。
大黒堂にお参りの際は、大黒天ご参拝の後に石造りの大きな打ち出の小槌と福袋に触れて、福徳円満のご利益をたくさんお持ち帰りください。

ボックスの下枠

大和七幅八宝巡礼