巡拝

  • 西国三十三所巡礼
  • 奈良大和 四寺巡礼
  • 大和七福八宝巡礼
  • 十八本山巡礼
  • 八十八面観音巡礼
  • 神仏霊場会

ボックスの下枠

神仏霊場会

神仏霊場会

巡礼の道

西国(近畿)の名だたる古社名刹が手を結び、「神仏和合」にもとづく新しい組織「神仏霊場会」を設立し、『神仏霊場巡拝の道』が誕生しました。
参加社寺は伊勢神宮をはじめ150社寺に及び、江戸
時代まで盛んに行われた伊勢参りや熊野詣のように、神仏を同時に崇拝していた精神風土を現代に取り戻し、末永く百年千年の規模で展開する巡礼ルートとなっています。


大和・斑鳩・吉野

「倭は国のまほろば」。青垣山に隠る美し国。飛鳥・藤原・平城の古代の都。緑深き山々に神々が鎮まり、森や林には仏が宿る。神社や寺院を結ぶ祈りの道が大和にめぐらされる。東には、三笠山や三輪山などが連なり、国家鎮護の東大寺や春日大社、大神神社などが並び建つ。長谷寺参詣の「初瀬街道」は天神山、初瀬山、巻向山などの裾野を初瀬川に沿っていく。大和川の北、矢田丘陵東南麓に法隆寺の斑鳩の里がある。西の京の七堂伽藍の地である。伊勢大和回りは、桜井・飛鳥を経て、多武峰と吉野を到る。峯高く聳え草木が欝蒼と繁る多武峰と、金剛蔵王を祀る金峯山、満山桜樹の吉野山は修験の山である。

ボックスの下枠

神仏霊場会HP