巡拝

  • 西国三十三所巡礼
  • 奈良大和 四寺巡礼
  • 大和七福八宝巡礼
  • 十八本山巡礼
  • 八十八面観音巡礼
  • 神仏霊場会

ボックスの下枠

八十八面観音巡礼

大和秀麗八十八面観音巡礼

奈良県内でも特に国宝・重要文化財として有名な八体の十一面観世音菩薩を巡る霊場です。八尊の御顔の合計数88と、男性・女性・子供の厄年の合計(42歳+33歳+13歳)が同数になることから、巡礼をすることで観音様の功徳が得られ、多くの厄災から救われるといわれています。
十一面観世音菩薩は慈悲の心が篤く、人々の苦しみを抜き去るご利益が特に強い仏様です。長谷寺では、新年の行事『修正会(しゅしょうえ)』や『修二会(しゅにえ)』において、『十一面悔過(けか)作法』を行い、我々が犯した罪障に対して十一面観世音菩薩に許しを乞う行事を行っています。
八十八面観音巡礼の八尊の十一面観世音菩薩は、全て違う表情・雰囲気・美しさを持っています。それぞれの観音様の特徴を楽しみつつ、巡拝するのも良いのではないでしょうか。

ボックスの下枠

八十八面観音巡礼